生命保険と学資保険のそもそもの違いって何?

日本は保険大国といわれるほど、保険に対する意識が高い国です。
万が一のことがあった時に家族が生活に困らないように様々な保障が受けられるようになっています。
最近ではがん保険などの医療保険も充実していて、いつ病気になってもしっかりと治療ができるように備えられています。

社会人になるまでは親の扶養として保険などに入られていることが多いです。
社会人になり、家庭を築いたときなどは保険に加入する一番のきっかけになります。
特に子供が生まれた時には、生計者に万が一のことがあった時に将来困らないためのお金を残さなければいけません。
そういった考えのもと保険に加入する人が増えています。

そこでどのような保険を選んだらいいのかと迷ってしまう人もいいでしょう。
特に学資保険と生命保険をどのようなバランスで契約したらいいのか分からない人が多いです。
実際に学資保険と生命保険にはどのような違いがあるのでしょうか。

学資保険は契約者が主な生計者となり、被保険者が子供になります。
被保険者の年齢が低いことから、保険料が比較的に安く設定されています。
そして契約者が死亡した場合、重度の障害を背負った場合は保険料が免除になります。
さらに契約時に設定したお祝い金を予定通り受け取ることができるのが一番の特徴です。
また支払い期間、契約者が健在だった場合でもお祝い金を受け取ることができます。

生命保険の場合は、契約者が万が一のことがあった時に残された家族のために必要なお金を残すことを目的としています。
そのため死亡したときの保険金を多く設定しています。
契約者の年齢が高い場合などは、けがや病気のリスクが高くなるため保険料が高くなってしまいます。

そして死亡した場合や重度の障害などを背負うことがなければ保障を受けることができません。
健在であればその間は、お金を受け取ることがなく保険料を支払い続けることになります。
その代わり、無くなった時に受け取るお金の額が高く設定されている場合が多いです。