学資保険の支払い、離婚時はどうなるの?

いざ離婚という本格的な話になってしまった場合、結婚後に築きあげてきた財産はすべて半分に分けなければいけません。
貯蓄など配分するのが簡単なものもありますが、離婚する際よく問題になるのが学資保険です。

学資保険は二人の間に生まれた子供の将来の教育費を確保するために加入したものです。
離婚したとしてもお互い子供の親として、子供の成長を見守っていかなければいけません。
そこで学資保険に加入していて離婚してしまった場合、どのような手続きなどをする必要があるのでしょうか。

まず離婚した場合、親権をどちらが持つかということが話し合われます。
子供が小さいほど、親権は母親が持つ場合が多いです。
しかし学資保険の契約者のほとんどは家計の生計者である父親の名義になっている可能性が高いです。
離婚したからといって契約者が勝手に変更するということもありません。

今後子供が成長していくうえで、親権を持っている母親が教育資金を確保していかなければいけません。
そのためまず契約者を母親に変える必要があります。
ただし契約者の変更をした場合、支払いの義務も契約者になります。
子供が小さい家庭ほど母親が専業主婦として育児や家事を行っている場合が多いです。
全く収入がない状態では 学資保険を支払うことができません。

また離婚と同時に学資保険を解約する人も多いです。
しかし学資保険は早い段階で途中解約してしまうと元本割れをしてしまい損をしてしまいます。
また契約者をそのままにしておくとお祝い金をもらう時期になっても契約者本人でなければ受け取ることができません。
そのためまず離婚後に学資保険の支払いはどちらが行うのかをしっかり明確にしましょう。