入院保障もカバーしている学資保険

学資保険の需要が増えている中で、商品も多様化しています。
保険に加入する際には何を目的にしているのかを明確にしてから、加入する必要があります。
学資保険の場合は、貯蓄性が高いものと保障を充実させたものの二種類に分かれます。
どちらも共通していえることは、契約者に万が一のことがおきた場合に保険料の免除を受けることができるということです。

そしてどちらも契約時に設定したお祝い金を指定した時期に受け取ることができるという点です。
この二つに対しては、どちらの学資保険でも共通していえます。

学資保険の中でも保障タイプを選択することで、入院給付金を受け取ることができる場合が多いです。
子供が小さい頃はいろんな病気を発症してしまいます。
特に小さなころから保育園などで集団生活をする場合は、感染症にかかるリスクがとても高いです。
そのため、重症化してしまうと入院しなくてはいけなくなります。

多くの病院では子供が小さい場合、親の付き添いが必要になる場合が多いです。
中には子供一人で入院することもできますが、子供がつらいときに一人にすることはできないと思う親御さんが多いです。
また子供自身も体がつらいときに親が近くにいない場合は、精神的に不安定になってしまいます。

入院中親が付き添うことで、家計にも大きな影響があります。
普段のように食事を作ることが難しくなり、残された家族が外食をしたりする機会も増えます。
また共働きをしている家庭の場合、どちらかが仕事を休まなければいけません。
パートなどの場合は、その間の給料の保障は全くないので家計全体の収入減にもつながります。
そのようなマイナスの部分を補うという意味でも学資保険の入院費保障はとても役に立つといえます。

ただし注意しなければいけないことは、入院保障がある分保険料が高くなり、元本割れをしてしまうということです。
貯蓄目的の人には損をしてしまうため、避けたほうがいいでしょう。
子供の保険を別で加入するよりも、一つの保険で貯蓄も保障も受けたい人にお勧めの学資保険です。