学資保険の元割れについて

学資保険は計画的に教育資金を確保することができるため、将来の安心を手に入れることができます。
また契約者が家計の生計者になる場合が多いため、契約者に万が一のことが起きた時には保険料の免除とお祝い金を予定通り受け取ることができます。
そのため将来の教育資金をしっかり確保することができます。

学資保険を選ぶ際に、多くの人が注目しているのが元本割れです。
よく耳にする言葉ですが、具体的にどのようなことを指しているのでしょうか。

元本割れとは、払い込んだ保険料に対してお祝い金の合計の方が少なくなってしまうことです。
本来保険というものは、万が一の保障のために加入するものです。
そのため保険料が上回るのが通常です。
しかし学資保険の場合は、貯蓄性が高いものが多いため元本割れをしていない保険も多いです。
そのため元本割れをしている学資保険は損をしていると思われがちです。

それでは元本割れする学資保険と元本割れしない学資保険とは何が具体的に違うのでしょうか。
一番の違いは学資保険の内容に、保障がどれだけ入っているのかということです。
保障の内容とは、子供の死亡保険金、けがや病気の入院や通院の際のお見舞い金の支払いです。
その他にも子供が誤って器物破損した場合の保障や、けがをさせてしまったときの治療費の負担なども含まれている場合があります。

これらの保障に関しては保険内容の中に、掛け捨てとして保険料に上乗せされています。
そのため保障内容が充実している学資保険ほど元本割れをしています。

どれほどの元本割れをしているのか知るためには、返戻率を確認するのがお勧めです。
返戻率が100%の学資保険場合、支払保険料の総額と受け取るお祝い金の額が同じになります。
100%以下の保険に関しては、すべてが元本割れをしているということが分かります。
学資保険の保障内容が満足しているのであれば、ひとつの保険ですべてをカバーできるので管理や支払いの面倒がありません。