学資保険で教育資金は対応出来る?

子育て世代の多くの人が加入している学資保険。
学資保険では、契約者に万が一のときのことがあった時に、保険料が免除になる制度があります。
さらに契約時に設定したお祝い金を満額受けとることもできます。
将来の教育資金をしっかり確保するためにも利用する人が多いです。

教育資金をどのように賄うかは人によります。
銀行に貯蓄する人、学資保険を利用する人、投資をする人などメリットやデメリットを考えながら自分に適した方法を選択します。
貯蓄目的なのでリスクをなるべく低くして、確実に貯蓄したいと思うでしょう。

そういった意味でも学資保険は貯蓄性が高いものが多く、元本割れをするものが少ないです。
計画的に貯蓄ができ、まとまった教育資金を確保することができます。
家庭によってお祝い金の設定額は異なりますが、平均的に200万から300万円で設定している人が多いです。
お祝い金の受け取り方も、保険内容によって異なります。
最も教育資金がかかる大学入試に合わせてまとまった貯蓄額を確保することができるように設定されています。

そのため多くの人は、学資保険があるか大丈夫と安心してしまう人も多いです。
実際に教育資金は学資保険だけでまかなうことができるのでしょうか。

子供一人あたりにかかる教育資金は最低でも1000万といわれています。
これは幼稚園から大学卒業までにかかる費用で、学資保険だけでは賄いきれないことが分かります。

さらにすべて私学に進学した場合は、2500万円以上かかるといわれています。
子供がどのような進路を歩むか分からないからこそ、教育資金はしっかり貯蓄しなくてはいけません。

学資保険だけではなく、日々の貯蓄やボーナスの貯蓄など計画的に準備する必要があります。
学資保険の様に強制的に引き落としになるわけではないので、より計画性と実行力が求められます。
将来の教育資金だけでなく日々の塾や習い事などの費用もかかります。
そういったものもしっかりと確保しながら、将来の貯蓄もしなくてはいけません。