基礎知識として学資保険で知っておくべき事

学資保険への意識が高くなっている中、どの保険会社でも学資保険を扱っています。
保険会社では様々な商品を扱っています。
中でも学資保険の人気が高まっているのは、なぜでしょうか。
その理由を知るためには、学資保険の基礎知識をしっかり知ることが重要です。

まず学資保険が支持されている一番の特徴は、契約者に万が一のことがあった時の保障です。
子供が小さい頃はどちらか一方が子育てに専念しているケースが多く、生計者が一人になります。
生計者に万が一のことが起きた時に、今後の生活だけでなく将来の教育資金も確保することができません。

学資保険では契約者に万が一のことが起きた場合、保険料の支払いが免除になります。
それだけでなく契約通りの学資保険のお祝い金を指定の時期に受け取ることができます。
そのため、まとまった教育資金の確保にもつながります。 

そして学資保険を選ぶ際に大きな基準になるのが返戻率です。
返戻率とは、支払総額に対してお祝い金として受け取る額をパーセンテージで記したものです。
支払い総額とお祝い金が同額の場合、返戻率が100%になります。
元本割れしてしまう場合が100%未満となり、利息としてプラスとなるのが100%以上の返戻率です。

学資保険には、貯蓄目的のものと保障目的の物に分かれます。
貯蓄性のものは支払い期間やお祝い金の受け取り方によって返戻率が変わります。
また保障型の場合は、保障内容が充実している商品ほど返戻率が悪くなり元本割れしてしまいます。
加入する際には、何を目的として加入するのかを明確にしましょう。

子供の治療費は各都道府県によって、補助が異なります。
比較的にどの都道府県も子供の医療費に関しては、手厚い補助を受けることができます。
子供への治療費の負担がかからないため、保障重視ではなく貯蓄重視で選ぶ家庭も多いです。
各家庭によって生活環境なども異なるため、無理なく支払うことができる学資保険を選ぶようにしましょう。