学資保険契約時の名義を分析

今子育て世代で学資保険に加入する人がとても増えています。
今の子育て世代の場合、子供の大学への進学率も高く、より一層教育資金が必要になります。

また幼児教育や小学校からの塾通いなど、毎月の教育費の負担も増えてきています。
特に大学入学時期になると一番まとまった教育資金が必要になります。
大学への受験費用、入学金の準備、一人暮らしなどの場合は仕送りなど多くの費用がかかります。
この時期になると数カ月で百万円以上の教育費が必要になります。
このような大きな教育費は、急に準備できるものではなく、計画的に貯蓄して作りあげなくてはいけません。

そこで多くの人が活用しているのが学資保険です。
学資保険の魅力は、強制的に指定の口座から引き落としされるため、確実に貯蓄できるという点です。
そしてもう一つのメリットは、契約者に万が一のことがあった時に、保険料の免除と契約時のお祝い金を受け取る権利が発生するということです。

これらのメリットを考えると契約する際に、夫婦のどちらの名義で契約するのが安全といえるのでしょうか。
一番明白なのは生計者がどちらか一方の場合です。
子供が小さい頃はどちらか一方が子育てに専念する家庭も多いです。
その場合、夫婦どちらか一方だけの収入で生活していくことになります。
一般的な家庭では男性が生計者になることが多いです。

生計者に万が一のことがあった場合、家計の収入は全くなくなってしまい生活が困難になってしまいます。
日々の生活に追われ将来の教育資金を確保することすら難しくなります。
もし万が一のことがあった場合に、将来の保険料の免除と将来の教育資金を確保するためにも主な生計者の名義で加入することが一番大事です。

最近では共働きの夫婦も増えてきているため、どちらの名義で加入するのか迷ってしまう人もいるでしょう。
その際でも家計の収入の割合を多く占めている人を契約者にする方が安全です。
家計に余裕がある場合は、夫婦それぞれの名義学資保険に加入することも可能です。