学資保険の保証型って何?

今子供がいる家庭では、学資保険の加入者がとても増えています。
子供が生まれたら、銀行や身内や知り合いなどから学資保険を勧められたという経験がある人が多いです。

今では需要が高くなっているからこそ、ほとんどの保険会社で学資保険が扱われています。
どのような商品があり、保険内容や特徴などそれぞれどのような違いがあるのか知った上で決めなくてはいけません。

そこで学資保険とは、まずどのような特徴があるのでしょうか。  
まず一番の特徴は、契約者に万が一のことがおきた時の保障です。
その場合には以後の保険料が免除になり、契約時の満額のお祝い金を受け取ることができます。

契約者のほとんどが家計にとって主な生計者の場合が多いです。
そのため万が一のことがおきてしまうと、収入がなくなり生計が成り立たなくなります。
特に将来のための教育資金を貯蓄する余裕がなくなる場合がほとんどです。
そのため学資保険では、将来の教育資金をしっかり確保することができます。

学資保険には主に、2種類に分かれています。
それは貯蓄型と保険型です。
貯蓄型は支払い総額よりもお祝い金で受け取る額の方が多くなるように設定されていて、支払い方法によって返戻率がかわります。

それに対して保険型に場合は、子供の死亡保障、けがや入院の際の保障などが保険料として組み込まれています。
そのため支払い総額よりもお祝い金として受け取る額の方が少ない場合が多いです。
返戻率で比較すると分かりやすく、保険型の場合は100%未満のものがほとんどです。

実際には保障内容はどのようなものがあるのでしょうか。
子供に万が一のことがおきた場合の死亡保障だけでなく、けがや入院による給付金も受け取れます。
ある程度大きくなってきた時の心配事として、子供が器物を破損した場合や相手にけがをさせてしまった時の保障もあります。
具体的な内容が保険会社によって異なるので、しっかり確認してから契約するようにしましょう。

今子供の医療制度も改善されていて、小さいうちは医療負担も少ないです。
そのため手厚い補償がなくてもと考える人も多いです。