学資保険ってどんな事に利用されている?

子育て世代の家庭では誰もが一度は学資保険の加入を検討しています。
実際に学資保険に加入している人は半数以上いるのが現状です。
少子化が問題視されている中で、子供一人当たりにかかる教育費が年々上昇しています。
そのため、賢く教育資金をためるために学資保険を選択している人が多いです。

それでは実際に学資保険を利用している人は、どのようなものを選択しているのでしょうか。
学資保険を選ぶ際に最も重要視されているのが返戻率です。
返戻率とは、元本に対して実際に受け取ることができるお祝い金の額をパーセンテージで表したものです。
元本とお祝い金が同額だった場合、返戻率が100%になります。
100%以上の返戻率のものほど、実際の支払い総額よりも多くのお祝い金を受け取ることができます。

今は昔と異なり、とても低金利の時代になっています。
そのため銀行に預けていても多少の利息しかつきません。
もし銀行に定期的に貯金をしていても、契約者が万が一のことがおきた時点で貯蓄ができなくなります。
しかし学資保険の場合は、契約者に万が一のことがあった時には満額のお祝い金を受け取ることができます。

これらの理由から学資保険を選択する人が増えていて、いかに貯蓄性が高いものかどうかが判断基準になっています。
保険会社によって返戻率は異なり、プランによっても異なります。
子供の年齢が小さいほど返戻率が高い場合もあり、なるべく子供が小さなときに加入するのがお勧めです。

また支払い期間を短く設定することも可能です。
短く設定されていた方が、同じお祝い金の額でも返戻率が高くなっている学資保険が多いです。
また月払いにするのか、年払いにするのかによっても異なります。
各家庭の家計に合わせて無理がない支払い方法を選択しましょう。
学資保険の場合は、途中解約してしまうと元本割れをしてしまうことがほとんどです。
貯蓄目的で行っていたのに、結果的にお金が減ってしまったという状態になってしまいます。