学資保険は保険料で見るとどのくらいが妥当?

学歴社会が根強い日本では、進学率がどんどん上昇しています。
さらに少子化が進む中、一人の子供にかける教育資金が増えています。
そのため幼児教育が盛んになり、小学校受験を検討する家庭が増えています。

子供一人当たりに必要な教育資金は最低でも1000万円といわれています。
すべて私学に通った場合2500万円以上かかるといわれています。
漠然にこれだけの教育資金を貯蓄しなければいけないと思うと、不安に感じる人もいるでしょう。

そこで計画的に貯蓄する方法の一つとしてあげられるのが、学資保険の活用です。
学資保険は、保険会社によって返戻率や保険料も異なります。
そのため気になる保険に関しては、比較検討をしっかり行う必要があります。

実際加入している人は平均的にいくらぐらいの学資保険に加入しているのでしょうか。
日々の生活で無理のない金額を設定しなくてはいけません。
そのため100万円から300万程度が平均といわれています。

多くの学資保険の受取時期として設定されているのが、大学入試の時期です。
教育資金の中でも、最もまとまった費用が必要になる時期です。
実際進路が決まってから必要な教育資金を貯蓄するのでは間に合いません。
子供がどんな進路を選んでも、実現可能にしてあげられる額が300万円といわれています。
そのため約300万円が平均的な相場となっています。

将来の教育資金として必要な額も大事ですが、学資保険の場合は長期間支払い続けなければいけません
そのため無理なく支払うことができる保険料でなければいけません。
保険料の負担が大きくなると、経済的に苦しくなったときに解約しなくてはいけません。
学資保険は途中解約すると元本割れをしてしまうため損をします。
毎月の保険料が一万円前後であれば負担が少なく続けられ、お祝い金も約200万円受け取ることができます。